FC2ブログ

名前の範囲の取得-3

2017–09–11 (Mon) 19:37
「名前の範囲の取得」に新しいものが増えました。
1-5行目まで、とか指定できます。

Function namaehani(名前の範囲 As Range, 開始 As Integer, 終わり As Integer)
If 名前の範囲.Count >= 終わり Then
For i = 開始 To 終わり
If i <> 1 Then
ans = ans & "・" & 名前の範囲.Item(i)
Else
ans = 名前の範囲.Item(i)
End If
Next
Else
For i = 開始 To 名前の範囲.Count
If i <> 1 Then
ans = ans & "・" & 名前の範囲.Item(i)
Else
ans = 名前の範囲.Item(i)
End If
Next
End If
namaehani = ans
End Function
こちらは、セルと同じように指定できます。
Cells(1,1)のような感じで、「namaecell(範囲,1,1)」で指定できるのです。


Function namaecell(名前の範囲 As Range, 行 As Long, 列 As Long)
If (名前の範囲.CurrentRegion.Rows.Count >= 行 And 名前の範囲.CurrentRegion.Columns.Count >= 列) Then
namaecell = 名前の範囲.Cells(行, 列)
Else
namaecell = ""
End If
End Function

凄く使いやすいです。
offset は0指定が有るから使いにくい!!!


休憩。
石川綾子さんのヴァイオリン素敵過ぎる。
スポンサーサイト



« 名前の定義の取得 | HOME |  関数メモ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

 | HOME | 

プロフィール

はる

Author:はる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

フリーエリア

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク